ユーザー車検エピソード

ここでは、「ユーザー車検エピソード」 に関する記事を紹介しています。
ユーザー車検はもう十数回,行ってますから大体の事は把握してるつもりです
それで,当然の事ながら事前に簡単な点検はやっていきます
前日の夕方異常は無かった乗用車のフォグランプ(左)が当日何故か点きません
時間はまだ午前7時前です・・・こんな早朝から開いてる車屋さんなんか有りません
さぁ~困った・・・車検で異常な箇所が見つかった場合は近くのテスター場で直してくれますが,流石にこの時間は誰もいないだろうなぁ~・・・ダメもとで行って見る事にします
おやぁ~人影が見えます・・・「あのぉ~すみません,こんな朝早くに申し訳ありませが,見て頂けますか?」20代前半の若い青年でした,その青年は嫌な顔一つせず「あそこの台の上に前輪を乗り上げて下さい」って快く見てくれました
フォグランプからバルブ(電球)を外し「あれぇ~切れてませんよ!左でしたよね?」
一度引き抜いて、差し込んでから「スイッチを入れてみて下さい」  「あっやっぱり点きますね~」結局,接触が悪かったんでしょうね~ 「御幾らですか?」と聞く私に良い笑顔で「お金は要りませんよ,バルブ変えてないし・・・」結局,暖かい缶コーヒー1本で直して頂きました
谷山港01
写真は谷山港、車検場のすぐ近くです
谷山港02
乗用車の車検は無事に終わり,急いで帰ります(久しぶりに高速をぶっ飛ばしました)
今度は軽トラに乗り換えて再び車検場(軽自動車協会)へ向います
書類手続きを済ませ、検査レーンへ・・・検査官が「発炎筒は有りますか」 うん?今まで何度も検査を受けてるが,発炎筒は有るかと聞かれたのは初めてだ!ダッシュボードの中とか足元を探すが見当たらない? 検査官が「じゃ無いと言う事で後から持って来てください」と記録簿に×印を押してます(ーー;)
一通り検査を終え,他に異常個所は無く近くのオートバックスで発炎筒(600円ほど)を買い検査官に見せて無事合格,新しい車検証とステッカーを貰って帰りました
聞いた所に寄ると鹿児島の陸運局の検査官は非常に親切だと言われてます

実際,私も何度も検査を受けてますが,ホンとに優しくて面倒見が良くて親切でした
検査してる私の隣で「はい,ブレーキをゆっくり踏んで下さい・・・そぉ~うです」みたいな!(笑) 実家の車はミッション(オートマじゃない)なんです,普段乗りなれてないと検査も大変なんです,今回はスピード検査で40キロになったらパッシングをする検査があるのですが,そこで 少し戸惑ってると,横から「はい 落ち着いて45キロまでスピードを上げてからスピードを押さえて40キロになった所でパッシングしてください,そっちの方が確実に合格しますから・・・」って窓から手を差し伸べて私の車のウインカーレバーを取りパッシングしてくれましたから・・・。凄いでしょう,この親切!!
谷山港03
朝陽が海に反射してる所です・・・説明しなくても解るって(^^ゞ
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
とても親切ですね。
昔は役所と言うと態度の悪い所というイメージでした。
今は違いますね。
特に税務署なんてとても親切ですから。(笑)
行きたくは無いですけどね。(大笑)
2009/11/19(木) 23:28 | URL | 自転車親父 #ZnvuYEkc[ 編集]
親父さん、おはようございます
税務署は私も行きたくないですね~
親切にしてて,取る物はきっちり取ろうと言う魂胆かもよ!・・・(笑)
2009/11/20(金) 08:24 | URL | EBI #aAUC7aug[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する