福寿草

ここでは、「福寿草」 に関する記事を紹介しています。
霧島風景写真館トップページへジャンプします 壁紙フリーフォト,トップページへジャンプします 私のblog『霧島連山 -光と影-』です webなどの検索にご利用下さい スマートフォン用壁紙サイトです
  ようこそ,霧島連山-光と影-へお越しくださいました・・・o(^-^)o  


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仰烏帽子山の福寿草

福寿草_01
昨年は3月に福寿草を見に行ったんですが、今年は雪の中に咲く福寿草が見たくて昨日(2月20日)仰烏帽子山へ行きました。( 昨年の福寿草
6時過ぎに人吉のインターチェンジを出て、元井谷第2登山口には午前7時に到着しました。軽トラが見えるでしょう・・・そうです今回は軽トラ君で来ました。
元井谷から山頂の駐車場までの、残り1kmほどは、想像してた通り日陰の部分が凍結してましたから、軽トラで来て正解でした・・・。天気は良いし、冷たい空気が気持ちいいぃ~~o(^-^)o

福寿草_02
杉林の登山道を登り、ゆるい坂を下りて行くと福寿草の咲く群生地の山が見えてきました。ここで約半分ぐらいは登ったのかな?

福寿草_03
おぉ~今年初めて見る福寿草です!o(^-^)o
白いのは雪なんですけど,雪の中から顔を出す福寿草なんて、イメージしてたような雰囲気の花は中々無いですね

福寿草_04
第2登山道から登りましたが,群生地は雪で福寿草が見当たりません・・・仏石の群生地まで下りて来ました。この仏石はどう見たら仏に見えるんだろう?どっちが正面??・・・そんな事はどうでもいいですけど、ここは花が沢山咲いてます。でも去年より若干少ないような・・・?

福寿草_05
仏石の群生地で撮影してるとリュックからモップのような変なものを付けてる男性が来られました
なんだろうと?見てると、なんとワンちゃんじゃないですか!!愛嬌ある顔をしたワンちゃんです。
一枚撮らせて頂きました・・・。

福寿草_06 福寿草_07 福寿草_08
今回、撮ってみたい写真がありました。それは蕾から花が開いていく段階をインターバル撮影して開花する動画を作りたい事です
絵になりそうな蕾を探すのが難しかったですね・・・周りに雪が残ってて蕾で日当たりが良さそうで・・・無い無い・・・有るわけが無い!撮影しながら、もっと良さそうな蕾を見付けては移動して・・・それを何度も繰り返してるうちに気が付けはお昼近くになってました(^^ゞ
最後に撮影した蕾が完全に開花するまで約2時間弱、8秒間隔で839枚撮影しました(カメラが勝手にね(^^ゞ)
近いうちに編集してYouTubeにアップします
登る時、登山道はカッチコチに凍っててスパイクブーツを履いて、意外と楽に登ったんですが、帰りの登山道はドロドロの滑りやすく歩き難い登山道になってて大変でした。福寿草を見に仰烏帽子山へ行かれる方は、その事を覚悟して登って下さい・・・
スパイクブーツとズボンのすそは泥だらけ(嫁さんがビックリしてました(@_@;) )
ココへ来たもう一つの楽しみは五木村にあります温泉に入る事です
登山口で登山計画書を出しますが、その用紙の切り取り線があるんですが、半券を五木村の道の駅で温泉半額券と交換してくれるんです。
登山客に温泉に入って疲れを取って帰ってもらおうと、五木村の嬉しいサービスです。私も有り難く使わせて頂きました。綺麗な温泉です、それが200円で入れるんですよ・・・(*^-^*) ニッコリ☆
道の駅で家族にお土産を買い帰路へ・・・登山は疲れたけど、良い汗かいた楽しい撮影でした。
スポンサーサイト
仰烏帽子山への行き方

画像をクリックして大きな画像でご覧下さい
道の駅五木に咲いてたツクシ
今回,初めて福寿草を見る事が出来,撮影する事が出来ました・・・
仰烏帽子山に咲いてるって事は知ってましたが,そこが何所なのか?どうやって行くのか全く知らなかった私はネットで調べましたが,どのサイトも殆どが登山口からのレポートなんですね(当然ですけど)
だから私は登山口までの行き方を詳しく書こうと思いました

九州自動車道人吉インターを下りて左折(地図1)約750m先の交差点を左折(地図1を参照)
国道445号線を川辺川に沿って五木方面へ約27kmほど北上,とりあえず道の駅(子守唄の里五木)を目指します。
トンエンルが見えて来ると目的地は近いです・・・6つ目のトンネルを過ぎて500mほど先に道の駅があります
さて,道の駅で休憩したら いよいよ目的の仰烏帽子山へ向かいます・・・
最後のトンネルの方へ戻り道路標識を右折して大きな橋を渡ります説明写真を参照
橋を渡り,トンネルを過ぎて道なりに進むと道幅は,だんだん狭くなりキツイ上り坂になります
狭い急な上り坂をしばらく走ると登山口が見えてきます。
登山口には青い仮設トイレが2つ並んでます,それが目印ですね(写真参照)登山口には駐車場はありません。300mほど先に10台ほど停めれそうなスペースはあります

登山開始です・・・ココの登山口のポストに登山計画書を入れて登ります…その際,計画書の下の部分に五木温泉の半額割引,引き換え券が付いてますから切り取って道の駅五木のレジーに提出すると半額券が貰えます

登山道 急勾配の登山道 初めて見た福寿草
私が始めて見た福寿草です
夫婦杉 マナーを守るよう,呼びかける看板
長い,長~~い登山道を登って行きます・・・登山道にはロープが張ってあります。ロープより中に入っては行けませんと至るところに看板があります。こんな看板もありました,マナーは守りましょうね!

登山道に咲いてた福寿草
登山道からもこんな感じで簡単に福寿草を撮影する事は出来ます
登ってて思った事は,とにかく登山道が滑る,滑る,滑る・・・(?゚゚Д゚)ィ ハヒ?
石灰岩のガレ岩と粘土状と言いますか?どろどろ,べとべとの登山道です(表現が悪いですね・・・(^^ゞ )

分岐点
やっと分岐点が見えてきました・・・通常だと1時間ほどでこの分岐点まで来るらしいのですが,撮影しながらゆっくり登って来ましたから随分時間が掛りました
今回は福寿草が目的ですから山頂は目指さずに仏石へと向かいます
足元の悪い滑りやすい泥道の登山道は杉林の中を通り抜け少しずつ下って行きます。

チェーンの命綱
写真だと上手く伝わりませんが,ここはチョッと難儀な場所です。鎖のチェーンを捕まえながら下りて行きます
帰りにココで両足の太股が攣って,痛いの何のって・・・大変でした(≧Д≦♯)ゞ
このすぐ下が仏石です

仏石と福寿草
奥の大きな岩が仏石です。そして,この付近が福寿草がいっぱい咲いてる群生地になります
午前11時を回ってましたから花は完全に開花してますが,出来たら 三脚を固定して開く前にシャッターを押して1分間隔で撮影して,少しずつ開いて行く様子を撮りたかったんです・・・また来年挑戦してみます。
この先にもう一箇所群生地があるはずなので移動して探して見ました
ありました…素晴らしい~~~ まるで石灰岩の中に咲くお花畑です。
ココまでの写真は全部コンデジの写真です・・・

ここから一眼デジカメの写真を2,3枚掲載して今回の福寿草のレポートは終わります
来年は雪の残る時期に撮影したいですね・・・そうそう,登山計画書に掲載してあった五木温泉入浴半額引き換え券を持って,道の駅五木でお土産を買い,温泉半額券を貰い温泉でゆっくりと疲れを癒し帰りました・・・。

福寿草_01

福寿草_02

福寿草_03
福寿草

福寿草
熊本県,球磨郡五木村の仰烏帽子山(のけぼうしやま)へ福寿草を見に行って来ました
私は霧島で咲いてる福寿草を見た事がありません。おそらく霧島には咲いて無いのかもしれませんね
「いや!霧島にも咲いてるぞ!」ってご存知の方が居られましたら是非教えて下さい
仰烏帽子山は九州自動車道人吉インターを下りておよそ30km北上した五木村って所の近くにあります
登山口から1時間ほど登らねば見る事は出来ません・・・。
しかし,1時間頑張って登る価値あるそりゃ~綺麗な花です・・・
今,現像作業中です,近いうちにホームページにアップ予定です!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。